沖縄県中小企業団体中央会

中央会とは?

中央会って何?

沖縄県中小企業団体中央会は、中小企業等協同組合法に基づき中小企業の組合を会員として設立された 公益法人で、通称「中央会」と呼ばれています。
中央会は、中小企業の組合の設立・運営、金融・税制、労働問題や中小企業の経営問題等について相談、指導を行っています。

中央会の機構

中央会事務局機構図

中央会の機構

  • 機構図はこちらからダウンロードできます ⇒ 
  • Adobeリーダー
  •   中央会機構図 (100.2KB)

中央会の業務

沖縄県中小企業団体中央会は、協同組合等及び中小企業の健全な発展を図ることを目的として「中小企業団体の組織に関する法律」に基づいて設立された経済団体です。
中央会は、都道府県ごとに1つ、都道府県中央会の組織及び事業の指導並びに連絡機関として、 東京都に全国中小企業団体中央会が設立されています。 沖縄県中小企業団体中央会は昭和44年8月に発足し、事業として下記の事項を実施しています。

  • 協同組合の設立・運営、労働・金融相談
  • 会計・法律特別相談、情報化
  • 活路・研修助成
  • 研修会・講習会・人材養成
  • 組合青年部の育成、海外研修
  • 官公需受注対策事業
  • 建議陳情、その他、役員
  • 組合の設立及び運営指導、中小企業の経営・労務・経理税務・法律相談
  • 組合の金融、経理税務、事業運営、流通、労働問題等に関する講習会、講演会 等の開催

情報連絡員の報告

文字の大きさを調整する